自動車保険の基礎知識

自動車保険って何かと専門用語が出てきて、分かりづらいんだよなー。。何で自賠責保険と任意保険の2つに加入しなくちゃいけないんだろ?など、いまさら他人には聞きづらい自動車保険に関する基礎的なこと、自動車保険を理解するためには知っておきたい基本的な言葉を分かりやすくここでは説明しています。自動車保険で損をしないためには、まずは基礎的なことを知っておきましょう!

自動車保険の基礎知識一覧

自動車保険の補償範囲
自動車保険には加入しているけど、どのような場合に保険金が支払われるのでしょうか?また自分が得たい補償は、どの自動車保険に加入すればいいのでしょうか?
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(二輪自動車)原動機付自転車に対して自動車損害賠償保障法(自賠法)で加入が義務づけられている保険のことで、人身事故(他人のケガ・障害・死亡)のみが補償範囲で、一般的に「強制保険」とも呼ばれています。
任意保険
任意保険とは、自動車事故を起こしてしまった万一の場合に、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)だけでは補償額をカバーできないとき備えて任意に加入する自動車保険のことで、自賠責保険が「強制保険」と呼ばれているのに対して、「自賠責保険の上乗せ保険」と呼ばれています。
リスク細分型自動車保険
リスク細分型自動車保険とは、自動車任意保険を契約する被保険自動車や、補償の対象となる被保険者などの「年齢・性別・車種・事故歴・使用目的」などといった、自動車事故を起こしやすい確率(リスク・危険度)などを細かく区分し、保険料に格差を付ける自動車保険のことです。
PAP(自家用自動車総合保険)
PAP(Package Automobvile Policy)とは自家用自動車総合保険のことで、「対人賠償保険・対物賠償保険・無保険車傷害保険・自損事故保険・搭乗者傷害保険」のもっとも基本的な5つの保険がセットされている自動車任意保険のことです。
BAP(一般自動車保険)
BAP(Basic Automobile Policy)とは一般自動車保険のことで、PAP(自家用自動車総合保険)やSAPなどのセット保険とは違い、契約者が加入する保険の種類を選択することができる自動車任意保険です。
SAP(自家用自動車総合保険)
SAP(Special Automobile Policy)とは自家用自動車総合保険のことで、PAP(自家用自動車総合保険)にさらに車両保険をセットした自動車任意保険のことです。
被保険者
自動車保険による被保険者とは、契約した自動車保険の補償を受ける人、または保険の対象になる人のことで、一般的に「記名被保険者とその配偶者・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子」などのことをいい、記名被保険者から許可を得て自動車を使用する人も多くの場合、被保険者に含まれます。
記名被保険者
記名被保険者とは、契約している自動車保険(被保険自動車)を使用される方のことで、保険証券の賠償被保険者欄に記載されている被保険者(保険の対象になる人)のことです。
許諾被保険者
許諾被保険者とは、記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用または管理している者のことで、この許諾被保険者も被保険者として自動車保険の補償の対象になることがほとんどですので、許諾被保険者にも自動車保険に関する権利と義務があるのです。
被保険自動車
被保険自動車とは、自動車保険を契約している自動車、自動車保険の対象となる自動車のことで、保険証券に記載されている自動車のことです。
 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の基礎知識