自動車保険を安く損しないためには

自動車保険(任意保険)は毎年更新するものなので、多くの方が面倒くさいために、そのまま更新することが多いのが現実です。しかし近年では毎年のように各保険会社が新しいサービスなどを始めていますので、そのまま更新すると損をしてしまうことも多いのです。またここでは自動車任意保険の保険料を安く抑える方法をいくつか紹介していますが、自動車任意保険はあくまでも補償を目的としていますので、もっとも大切なことは、自分に合った自動車任意保険を選択することも忘れないようにしましょう。

自動車保険を安く損しないためには一覧

保険会社を選択する
自動車任意保険の保険料を少しでも安くするためには、いくつか方法はありますが、まずは保険会社を選ぶことが大切です。自動車任意保険は毎年更新するものなので、面倒くさいかもしれませんが、更新が近くなれば、必ず複数の保険会社の見積もりを取って、自分に合った自動車任意保険を選択するようにしましょう。
無事故を続ける
自動車任意保険の保険料を安くするには、無事故を続けることが大切です。近年のリスク細分型自動車保険により、事故を起こす可能性が低い人、または過去数年に渡って事故を起こさなかった人には、保険料に反映させようという考えが強いからです。
運転者限定特約を付帯する
近年のリスク細分型自動車保険により、被保険自動車を運転する人や、年齢を限定することによって、自動車任意保険の保険料を抑えることが可能になりました。
車両保険を考える
自動車任意保険で保険料がバカにならないのが「車両保険」です。しかし車両保険は本当に必要なのでしょうか?また、必要だとしてももっと安くならないのでしょうか?保険料を少しでも安くしたいのなら、車両保険について考えることが大切です。
ノンフリート等級を引き継ぐ
自動車任意保険の保険料を算出する際に重要となるノンフリート等級(割引率)。ノンフリート等級は条件さえ満たせば「人から人」へ引き継ぐ(譲渡)することが可能です。この制度を上手く利用すれば保険料をかなり安くすることも可能になります。
対物賠償保険に免責金額を設定する
自動車任意保険の保険料を少しでも抑えたい場合は、対人賠償保険に免責金額を設定しましょう。
安全性の高い自動車に乗る
自動車保険の自由化により、各保険会社が始めているリスク細分型自動車保険。このリスク細分型自動車保険によって、事故を起こす可能性が低い自動車、または事故を越した場合でも搭乗者などが軽症で済む可能性が高い自動車の場合には、保険料が安くなるようになってきています。
 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険を安く損しないためには