対物賠償保険


対物事故保険についての説明対物賠償保険とは、自動車事故を起こして他人の所有物(自動車・自転車・ペット(犬・猫)・建物・塀・電柱・家屋・ガードレールなど)に破損・汚損・滅失などの損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われる自動車保険(任意保険)です。

対物賠償保険は、他人の所有物を担保する自動車保険なので、自分の所有物が損害を受けた場合には対象になりません。

-対物賠償保険が適用される場合-

対物賠償保険は自動車事故によって、他人の所有物に損害を与えた場合のみが対象になり、この損害には物質的な損害だけでなく、事故によって生じた間接的な損害、具体的には、踏み切り事故を起こした場合の復旧作業に要した費用や、ダイヤの乱れにより他の交通機関に臨時便を出したときの代行輸送費などの休業損害や営業損失などの賠償金にも対物賠償保険が適用されるのです。

また対物賠償保険は、被害者保護の観点から「無免許運転・酒帯び運転・麻薬等服用中の運転」によって、他人の所有物に損害を与えた場合にも適用となり保険金は支払われますが、当然その場合でも運転者には、免許取り消し等の行政処分が科せられるなどの責任を負わなければならないことはいうまでもありません。

-対物賠償保険が適用されない場合-

被保険者記名被保険者とその配偶者・同居の親族・姻族など)の所有物は対象外で、具体的には、車庫入れの際に家にぶつけたり、被保険者の所有物を壊してしまったり、家族同士の衝突事故は対物賠償保険の適用外となります。

また、地震・噴火・津波による自然災害や、戦争・暴動などによって他人の所有物に損害を与えてしまった場合には対象外とされています。

事故を起こしてしまった場合に、自家用車などが心配な場合は、車両保険に加入しなければ保険金は支払われないのです。

-対物賠償保険の保険金額-

対物賠償保険の保険金額は「2,000万円」が一般的で、通常の事故であればこの金額で十分補償されますが、踏切事故を起こしてしまった場合にはこの金額を超えることもありますので、近年は「無制限」に設定する方が増えています。

保険会社や契約者の条件によっても異なりますが、保険金額「2,000万円」と「無制限」の保険料差は、年間2,000~3,000円程度の差になります。この点を踏まえても「無制限」にしておけば安心かもしれませんね。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の種類 対物賠償保険