車両保険を考える


自動車任意保険で保険料がバカにならないのが車両保険です。

しかし車両保険は本当に必要なのでしょうか?また、必要だとしてももっと安くならないのでしょうか?保険料を少しでも安くしたいのなら、車両保険について考えることが大切です。

-車両保険を考える-

一般車両保険ではなく「エコノミー車両保険や車両危険限定担保特約(A)」にする

ただ単に一般の車両保険にすると、確かに補償の範囲は広くなりますが、実際、自動車で車両が損害を受けるほとんどは車同士の事故です。

災害で車両が損害を受ける事なんてほとんどありませんよね?安全運転または運転に自信があれば自損事故を起こす確率もかなり少ないのではないでしょうか?

そうであれば、車同士の事故だけを補償してくれる「エコノミー車両保険」や、イタズラ・盗難・災害などの場合に補償してくれる「車両危険限定担保特約(A)」、またはこの2つを組み合わせた「エコノミー(車対車)+限定A」の車両保険で十分だと思います。

確かにこれらでは自損事故や当て逃げの場合は補償してくれませんが、保険料はグッと安くなります。

それでも安心を買いたいというのであれば一般の車両保険もいいかもしれませんが。。

車両保険に免責金額を設定する

車両保険に免責金額を設定する?これ以外と知らない人がいるみたいですが、車両保険には免責金額を設定することができます。

例えば、100万円の車両保険に加入していた場合でも、免責金額を「10万円」と設定していた場合には、10万円以下の修理代は支払われず、50万円修理代がかかった場合には「50-10」の40万円だけが支払われます。

この免責金額を設定するだけでも保険料は安くなりますし、また実際問題、車両保険を使うと(等級すえおき事故を除く)、翌年のノンフリート等級が下がってしまい、保険料が高くなってしまいますので、安い修理代なら自己負担している人も多いはずです(自己負担したほうが特になる場合もありますしね)。

それなら、「修理代はこれまでなら自己負担してもいい」という金額(免責金額)を設定し、保険料を安くしてもらったほうが得に決まっていますよね?

車両保険の保険金額を考える

例え新車の場合でも、「時間の経過・使用状態・その車種の人気」などによって、市場販売価格はどんどん下がっていきます。それなのに購入時の価格を保険金額にするのはバカげてませんか?

もちろん車両保険がまったくいらないとは思いません。

確かにローンも残っているかもしれませんし、万一のことを考えれば車両保険に加入しておいて助かった場合もありますが、それでも購入価格の半額以下にするのが妥当だと思います。

これはあくまでも私の見解です。高い車両保険に加入しておいて良かったということもありますので、車両保険に加入する場合は、以上のことを考え、自己判断で設定しましょう。

また車両保険に加入していれば、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)内で収まる事故であっても、こちらの車両が損害を受けていれば、示談交渉を保険会社が行ってくれますので、その点からしてみれば、安くても車両保険に加入する必要性は大きいかもしれません。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険を安く損しないためには 車両保険を考える