車両保険


車両保険についての説明車両保険とは、被保険自動車(契約車)が接触事故などで損害を受けた場合に、修理代などの保険金が支払われる自動車任意保険のことで、「一般車両保険」「エコノミー車両保険(車対車)」「限定A(車両危険限定担保特約(A))」「エコノミー(車対車)+限定A」と、細かく分類すると4種類があり、補償範囲により保険料は大きく変わります。

-車両保険の適用外-車両保険の対象外の事故
・契約者の故意による損害

・無免許運転、酒帯び、麻薬服用中の運転時に事故を起こした損害

・地震、噴火、津波による損害

・被保険自動車に存在する欠陥、摩滅、腐食、サビなど自然消耗の損害

・パンク等タイヤ(チューブを含む)の単独損害

・違法改造した部分に生じた損害

車両保険の適用範囲は、保険会社(損保)によって多少違いますので、事前に確認しておきましょう。

-一般車両保険-

一般車両保険とは「自動車、バイク、自転車などとの衝突、接触事故による損害・物の飛来や落下による損害・火災、爆発、盗難、浸水などによる損害」などの偶然の事故によって自動車に生じた物的損害を補償してくれる車両保険です。

簡単にいえば、故意・無免許・酒帯びなど以外の、偶然の事故によって受けたほとんどの車両損害を補償してくれる車両保険なのです。

・自損事故(単独事故)一般車両保険は盗難も補償される・接触事故
・衝突事故
・転覆事故
・墜落事故
・当て逃げ
・イタズラ(落書きなど)
・盗難
・火災、台風、浸水
・爆発
・飛来、落下中の他物との衝突

しかしこれらほとんどの損害を補償してくれる一般車両保険の保険料は、車両保険の中でもっとも高額で、若い人にとっては中々加入しにくいのも現実です。

-エコノミー車両保険(車対車)-

車対車(エコノミー車両保険)とはその名の通り、車対車の接触事故などにのみ保険金が支払われる車両保険のことで、自動車へのイタズラ(落書きなど)や盗難には対応していません。

しかし、車対車の事故でも相手が特定されなければ、補償の対象外になってしまうので注意しましょう。

・自損事故(単独事故)⇒対象外
・他車との接触事故⇒○
・他車との衝突事故⇒○
・転覆事故⇒対象外
・墜落事故⇒対象外
・当て逃げ⇒対象外
・イタズラ(落書きなど)⇒対象外
・盗難⇒対象外
・火災、台風、浸水⇒対象外
・爆発⇒対象外
・飛来、落下中の他物との衝突⇒対象外

-限定A(A特約)-

限定A(A特約)とは、自動車同士の事故や自損事故(単独事故)以外が補償範囲となる特約のことです。

・自損事故(単独事故)⇒対象外
・他車との接触事故⇒対象外
・他車との衝突事故⇒対象外
・転覆事故⇒対象外
・墜落事故⇒対象外
・当て逃げ⇒対象外
・イタズラ(落書きなど)⇒○
・盗難⇒○
・火災、台風、浸水⇒○
・爆発⇒○
・飛来、落下中の他物との衝突⇒○

-エコノミー(車対車)+限定A-

エコノミー(車対車)+限定Aとは、エコノミー車両保険と限定A(A特約)の2つを組み合わせた車両保険のことで、「エコノミー(車対車)」「限定A」をそれぞれ単独で契約するよりも、この「エコノミー(車対車)+限定A」で契約するのが一般的です。

・自損事故(単独事故)⇒対象外
・他車との接触事故⇒○
・他車との衝突事故⇒○
・転覆事故⇒○
・墜落事故⇒○
・当て逃げ⇒対象外
・イタズラ(落書きなど)⇒○
・盗難⇒○
・火災、台風、浸水⇒○
・爆発⇒○
・飛来、落下中の他物との衝突⇒○

一般車両保険と比べ、これらの補償範囲を限定した車両保険は保険料がかなり割安になるので、若い方でも加入しやすくなっています。

保険会社によって車両保険の名称は「限定車両保険」「エコノミー保険」「車対車保険」などと、多少異なりますので、事前に確認しておきましょう。

-車両保険補償額の計算方法-

車両保険の補償額の上限は、「自動車の車種・年式・型式・仕様・純正オプション・初度登録年月」などに応じた、車両価額(車両の価値に対する値段)を各保険会社があらかじめ設定していますので、この車両価額を超える保険金額を設定することはできません。

具体的には、車両価額200万円の場合は、200万円が補償額の上限になるのです。

-車両保険補償額の保険料-

車両保険の保険料は、「エアバック・ABS・衝突安全ボディ・エコカー・盗難防止装置(イモビライザー)」などが付いていると、保険会社によっては保険料が割り引かれる場合もあります。

また車両保険には免責金額というものがあり、契約時に自己負担額を設定することで保険料を抑えることもできるのです。

具体的には「免責金額20万円」と設定していた場合に、修理費が30万円かかった場合には、差額分の10万円の保険金が支払われるのです。当然、免責金額を高くするほど保険料は安くなりますが、免責金額以下の修理費は支払われませんので、注意しましょう。

-車両保険は必要?-

新車など車両価値がある場合には、車両保険に加入するメリットは大きいでしょう(新車の場合は車両新価保険特約(新車特約)を付帯することも考えましょう)。

しかし車両保険を使えば翌年のノンフリート等級は3ランク落ち、保険料も割増しになるので、事故で損害を受けた場合には保険を使うかよく考えましょう。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の種類 車両保険