運転者年齢条件特約


運転者年齢条件特約についての説明 運転者年齢条件特約とは、被保険自動車(契約自動車)やバイクなどを運転する人の年齢を限定することで保険料が安くなるという特約のことで、運転する年齢を限定することで保険料は安くなりますが、限定された年齢条件以外の方が運転し、事故を起こした場合には保険金が支払われませんので注意しましょう。

また、契約で最初に設定した年齢を超えてしまっている場合は、年齢条件を変更しないと、この運転者年齢条件が適用にならないので、自動車任意保険の更新時などには、被保険自動車を運転する方(配偶者や子供)の年齢条件を確認し、適切な条件を選ぶようにしましょう(保険期間中であっても年齢条件を変更することは可能です)。

-運転者年齢条件特約の分類-

運転者年齢条件は、基本的に4段階に分かれており(保険会社によっては、さらに細分化されている場合もあります)、年齢条件が上がるにつれて保険料は安くなっていきます。これは、自動車事故の統計からして、20代の若者による事故件数が圧倒的に多いためです。

・全年齢担保⇒すべての年齢が対象
・21歳未満不担保⇒21歳以上限定担保
・26歳未満不担保⇒26歳以上限定担保
・30歳未満不担保⇒30歳以上限定担保
・35歳未満不担保⇒35歳以上限定担保

(保険料が高い順です)

繰り返しますが、運転者年齢条件特約を付けた場合、年齢条件以外の方が運転し、事故を起こすと保険金は支払われませんので、運転者の年齢条件をよく確認しましょう。

具体的には・・・

「運転者年齢条件特約(21歳以上限定担保)」を付帯した場合、事故を起こした運転者の年齢が21歳未満の場合は、保険金は支払われません。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の特約 運転者年齢条件特約