一括払制度


一括払制度とは、対人賠償保険(任意保険)に加入している場合に対人事故を起こし、被害者に保険金が支払われるときに、加入している任意の保険会社が自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の保険金を含め一括で支払い、後に任意の保険会社(損保)が自賠責保険金を請求する制度のことです。

-一括払制度の特徴-

通常、任意の対人賠償保険に加入し、対人事故を起こした場合には、自賠責保険からまず保険金が支払われ、不足分を対人賠償保険から支払うことになっています。

自賠責保険内で損害賠償額が収まれば問題ありませんが、自賠責保険では損害賠償額が不足する場合は、任意の対人賠償保険から保険金を支払ってもらわなくてはなりません。

しかしこの場合には「自賠責保険」「対人賠償保険」の2つの保険金請求手続きをしなければならず、保険金の支払いに時間がかかってしまいます。

被害者としては1日でも早く保険金を支払ってもらわなくては、治療費や通院費が支払えない場合もありますので、そこでこの一括払制度によって、2重の保険金請求手続きの手間を省き、保険金が迅速・確実に支払われるようになっているのです。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2017 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 関連用語集 一括払制度