事故を起こしてしまったらまず何をすればいいの?


事故を起こしてしまった場合にすること自動車事故はいつどこで発生するか分かりません。自分では安全運転をしていた場合でも事故に巻き込まれる可能性もあるのです。

そんな時に「気が動転」してしまわないためにも、事故が起こった場合の対処法を知っておくことは大切になります。

-事故を起こしてしまった場合の対処法-

1:被害者を救護し、道路上の危険を取り除き、救急車を呼ぶ

自分にケガがなく、動ける場合には周囲を見渡し、ケガ人または危険な状況にある人を安全な場所まで移動させ、2次被害、3次被害が起こらないように、道路上の危険物を取り除きましょう。
救急車を呼ぶ
その場合、重傷の人がいる場合には無理に動かさず、近くの人に助けを求め、一刻も早く救急車(119番)を呼びましょう。

最優先することは「人命」です。すべてにおいて人命を優先した行動を心がけましょう。

2:警察へ報告する(人身事故・物損事故に関わらず)

警察へ連絡(110番)し、警察での事情聴取を受け、事故後、警察から出頭を求められたら速やかに出頭し、事故の事実関係などを詳しく説明しましょう。

また軽微な事故であっても、保険金請求時に必要となる事故証明書(交通事故証明書)や、後々のトラブルを防ぐ意味でも、警察への連絡をするほうが良いでしょう。

3:相手方の住所、氏名、勤務先、電話番号等の確認をする

被害者が無事な場合でも、必ず相手の名前や連絡先などを確認(交換)しておきましょう。

また被害者の場合は、加害者の「車の登録ナンバー・自賠責証明書の証明番号と会社名」を必ず確認し、住所や氏名は免許証で確認するようにしましょう。

4:保険会社への連絡

事故を起こしてしまった場合には、契約している保険会社(損保)や代理店にも速やかに連絡をして、今後のスケジュールなどを確認しましょう。

示談にするにしても、自動車を修理するにしても、必ず事前に保険会社の承諾を得てから行いましょう。

5:目撃者の確保

事故が示談交渉でまとまれば問題ありませんが、もしも示談交渉が不調に終わり、訴訟になってしまった場合には、目撃者の証言があれば有利になる場合もありますので、後々のためにも、目撃者がいる場合には連絡先などを聞いておきましょう。

6:事故状況の確認

人間の記憶というものは曖昧なものですので、後々のためにも、事故の状況を細かくメモして残しておくことは大切になります。

また携帯電話のカメラでもいいので、残せるものは写真で残しておくと良いでしょう。

事故当日に行うのは以上ですが、これ以降は警察の指示に従い、示談交渉などは保険会社と連絡を取りながら行い、必ず勝手に話を進めないようにしましょう。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険Q&A 事故を起こしてしまったらまず何をすればいいの?