事故を起こしてしまった場合の責任は?


自動車事故を起こしてしまった場合の責任についての説明自動車事故を起こした場合、加害者は「民事責任(損害賠償責任)・刑事責任・行政責任」の3つの責任を負うことになります。

-民事上の責任(損害賠償責任)-

交通事故を起こした場合に加害者は、被害者に対して損害賠償の義務が生じます。死亡保険金や治療費、慰謝料だけでなく、逸失利益休業損害も被害者やその遺族に対して支払う義務が生じるのです。

-刑事上の責任-

交通事故(人身事故)を起こし、被害者を死亡させたり傷害を負わせた加害者には、「道路交通法違反・業務上過失傷害(致死)罪」などが問われ、「罰金・禁固刑・懲役刑」などの刑罰が科せられる場合があります。

-行政上の責任-

交通事故を起こした場合は、「交通反則金の納付・減点・運転免許停止・運転免許取り消し」などの、行政上の責任を負わなければなりません。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険Q&A 事故を起こしてしまった場合の責任は?