仮渡金


自賠責保険の仮渡金についての説明仮渡金とは、加害者から損害賠償金の支払いを受ける前に、医師の診断書があれば、当座のまとまった費用(医療費・生活費・葬儀費など)が必要な被害者が、保険会社から一定のお金を受け取ることができる自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)の制度のことで、加害者からの請求はできず、「被害者のみが請求する権利を持っています。

自賠責保険には、当事者が置かれている状況に応じて、「仮渡金請求」「内払い金請求」「本請求」の3つの請求権があります。

-仮渡金請求の方法-

医師に仮渡用の診断書(入通院の見込み日数の分かるもの)を書いてもらい、請求書とともに保険会社に提出すれば、1週間程度で仮渡金が支払われます。

-仮渡金請求のできる回数-

仮渡金が請求できる回数は1回のみとなります。

-仮渡金を受け取った場合-

仮渡金はあくまでも一時金の意味合いが強いので、後日、本請求または内払金請求が行われたときに差し引かれ、もしも受け取った仮渡金のほうが最終的な確定額よりも多い場合は、多く受け取った差額分を保険会社に返還しなければなりません(加害者に損害賠償責任がないと判明した場合には、全額返金しなければなりません)。

-仮渡金の金額-

仮渡金額は提出された医師の診断書から保険会社が判断しますが、被害や傷害の程度によって以下のようになっています。

・死亡の場合:290万円

・入院(14日以上かつ30日以上治療を要する場合):40万円

・入院(14日以上要する場合):20万円

・治療(11日以上要する場合):5万円

請求を受けた保険会社(損保)は、「遅滞なく」支払わなければならないことになっていますが、近年ではこの仮渡金の制度を悪用し、仮渡金を不正に受け取る事件が発生していることから、医師が簡単には仮渡用の診断書を書いてくれなかったり、仮渡金額を5万円と20万円に限定している場合もあるのです。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2018 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 関連用語集 仮渡金