過失割合


自動車事故の過失割合についての説明過失割合とは、事故を起こした場合に、道路交通法によって定められた優先関係・遵守事項・運転慣行などを踏まえて、事故を起した当事者同士の責任の割合のことで、過失割合30:70などと数値化して表示されます。

また、過失割合は過去に起きた同じような事故の裁判判例を参考にして決められ、保険会社(損保)が示談交渉をする場合にも、これらの判例をもとにして過失割合を決定します。

-過失割合はどれくらいになるの?-

自動車同士の事故においては、明らかに一方だけに過失があると思われるような場合でも0:100といった過失割合になることはほとんどありません(信号待ちなどで衝突された場合などを除く)。

また過失割合は過去の判例などから決められますが、細かいことまで考慮されるので、この事故の場合は過失割合がいくらだとはいえず、事故の状況などによっても大きく変わってしまうのです。

過失割合によって、賠償額が大きく変わり、過失割合からそれぞれの損害額を双方に負担させる過失相殺をして、最終的に損害額を負担しあうことになります。

-過失割合の具体例-

自分の過失6:4相手の過失(双方どちらの修理費とも100万円)の場合

この場合、相手から40万円は支払われますが、自分も60万円を負担しなければいけません。また相手の修理費も100万円かかっているので、こちらから60万円を相手に支払う必要があります。

相手から40万円支払われますが、こちらからも60万円を支払わなくてはいけませんので、この場合は過失相殺されて、こちらから20万円を支払うことになり、自分の出費は120万円となります(修理費100万円+相手に支払った修理費20万円)。

自分の過失6:4相手の過失(自分の修理費100万円・相手の修理費50万円)の場合

この場合、相手から40万円は支払われますが、自分も60万円を負担しなければいけません。また相手の修理費も50万円かかっているので、こちらから30万円を相手に支払う必要があります。

相手から40万円支払われますが、こちらからも30万円を支払わなくてはいけませんので、この場合は過失相殺されて、相手から10万円もらえることになり、自分の出費は90万円となります(修理費100万円-相手からもらった修理費10万円)。

もちろん対物賠償保険車両保険などに加入していれば、それの保険から支払われ、自己負担額は軽減、またはなくなることになります。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 関連用語集 過失割合