示談交渉


自動車事故の示談交渉についての説明自動車事故による示談交渉とは、事故の当事者間で損害賠償の金額を話し合うことで、被害者と加害者の当事者間どちらともが納得すれば、「示談書」を作成し、示談交渉が成立したことになります(示談は民法上の和解契約と同じといえます)。

実際、交通事故のほとんど、「約90%」が示談交渉で解決し、もしも示談交渉が成立しなかった場合には、調停・民事訴訟などで争うこととなります。

-自動車任意保険と示談交渉-

示談交渉といっても、事故の当事者間同士が話し合うことはほとんどなく、多くの場合、加入している任意の自動車保険会社が示談交渉をしてくれます。


しかし自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)では示談交渉のサービスなどはありませんので、自分で示談交渉をしなくてはいけません。

通常、任意の自動車保険に加入する人のほとんどが対人賠償保険対物賠償保険に加入しますが、これらには示談交渉サービスが付いていることがほとんどです。

また、例え示談交渉のサービスが付いていなくても、いまではほとんどの保険会社が、示談交渉をサービスとして行ってくれたり(この場合は義務ではなく、あくまでもサービスです)、特約などで付けることが出来ます。

いずれにしても、素人が示談交渉を行うことは難しく、もしも相手がプロであれば、不利な交渉になってしまうことは目に見えていますので、示談交渉サービスが付いている保険、または保険会社を選ぶことはとても重要です。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 関連用語集 示談交渉