等級プロテクト特約


等級プロテクト特約とは、自動車任意保険契約期間中の事故(等級すえおき事故ノーカウント事故は除く)1回目に限り、ノンフリート等級を下げずに、翌年も現在の等級を据え置くことができる特約のことで、当然その分保険料は割高になります。

通常、1年間無事故であればノンフリート等級は1等級上がり、自動車事故(保険事故)を起こし、保険金が支払われると、1事故につきノンフリート等級は3等級下がります。

3等級ノンフリート等級が下がれば、保険料の割引率は当然違いますが、例えば16等級から13等級に落ちても実際には割引率はあまり変わらないので、その点も踏まえてこの等級プロテクト特約を付帯するか、また付けていても使うかを検討しましょう。

-等級プロテクト特約の特徴-

・等級プロテクトが使えるのは1年に1度だけ

・自動車保険会社によっては扱っていない場合もある

・自動車保険の仕組みを無視した特約だといわれ、扱う保険会社は少なくなっている

-等級プロテクト特約の具体例-

物損事故を起こしてしまった場合に、修理費が10万円かかってしまった。車両保険を使えば保険金は支払われますが、そうすれば来年のノンフリート等級は3等級下がってしまいます。「ん~悩む。。。」

こんな場合にこの等級プロテクト特約を付けていれば、迷わず保険を使うことができますね。

ただ近年はこの等級プロタクト特約を扱っている損保はかなり少なくなってきています。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の特約 等級プロテクト特約