盗難代車費用担保特約


盗難代車費用担保特約についての説明盗難代車費用担保特約とは、被保険自動車が盗難にあった場合に、レンタカーや代車等の代替交通手段を利用するための費用が補償される自動車任意保険の特約のことです。

通常、車両保険(一般車両保険)に加入して入れば盗難時の費用は補償されますが、車両保険の中でも一般車両保険ではなく、エコノミー車両保険(車対車)の場合は盗難時に必要となった費用は対象外になりますので、そのような場合に必要性のある特約になります(保険会社によっては車両保険の種類に関わらず、盗難時に必要となった費用が補償される場合もあります)。

また車両保険の「一般車両保険・車両危険限定担保特約(A)(限定A)」どちらかに加入している場合でも、「盗難時に必要となった費用は補償してもらわなくてもよい(自分で負担する)」といった場合には、「車両盗難不担保特約」を付帯すれば、その分、保険料が安くなる場合もあります(保険会社によっては車両盗難不担保特約を付帯することができない場合もあります)。

-盗難代車費用担保特約の補償範囲-

通常、30日を限度に1日約3,000円ほどが補償範囲のようです。

いずれにしても、盗難代車費用担保特約を取り扱っていない保険会社(損保)もありますし、内容や補償範囲が異なる場合もありますので、事前に確認しておきましょう。



1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 自動車保険の特約 盗難代車費用担保特約