日産自動車が新型燃料電池車を投入


日産自動車は、中期環境行動計画「
ニッサン・グリーンプログラム2010」を発表し、2010年代の早い時期に新型燃料電池車を日本・北米に投入する方針を明らかにしました。

2010年度の市場投入を目標に日産独自のシステムを搭載したハイブリッド車を開発するとともに、外部電源からバッテリーに充電した電気エネルギーを使い(家庭充電など)、電気自動車と同様のモーター走行が可能となるプラグイン・ハイブリッドの研究開発を推進するようです。

またCO2排出量の削減を着実に推進していくため、新型クリーンディーゼルエンジン開発を進め、新開発2リッタークラスのクリーンディーゼル車を2007年度前半に欧州へ投入。さらに将来の排気規制をクリアするクリーンディーゼル車を2010年度から日本、北米、中国へ投入する方針。

日産自動車は、CO2排出量の削減、エミッションのクリーン化、資源循環(リサイクル)の3点を重要課題に挙げています。

平成18年12月11日・ロイター通信より一部引用

日産もハイブリッド車ではトヨタに遅れを取っていますので、今後どのような形で巻き返しを図ってくるのかが注目されていましたが、その内容が具体的に分かってきました。

それにしてもあと数年後には、ガソリンではなく、電池車などが一般化しそう?ですが(2050年には市場の半数以上が電動自動車になるといわれています)、映画などでよくある、「空を飛ぶ自動車」はまだまだ先のようですね(笑)


1番、保険料が安い自動車保険は?

最大19社の自動車保険を無料で一括見積り!各損保のネット割引も適用♪

あなたに1番安い自動車保険はどこ?

1210追加

 

Copyright © 2006-2019 自動車保険おすすめ. All rights reserved

自動車任意保険の選び方TOP 関連ニュース 日産自動車が新型燃料電池車を投入